ゼニカルって本当に効くの??

ゼニカルってどれくらいダイエット効果があるの?本当に効くのか!? - ゼニカルは副作用はあるのか

ゼニカルは副作用はあるのか

ゼニカルは日本だけでなく、世界各国で使用されているお薬です。その安全性は世界中で使われていることでも証明されていますし、またアメリカのFDA(米国食品医療品局)でも保証されています。

ゼニカルには副作用はないのか

米国のFDAで保証されているとして、個人輸入でも利用が広まったという薬も少なくはありません。ゼニカルとそのうちの1つといえるでしょう。
とはいえ、薬なので副作用もあります。とはいっても、重い副作用が出て、危険になったというケースはほとんどありません。かなり安心して飲めるお薬とも言えます。
そんなゼニカルの副作用としては、便意やおならの回数がかなり増える、軟便になりやすい、さらに便が漏れることもあるということです。
本来はいい作用なのですが、それでも困るケースもあるので、副作用としてもあげておきます。
トイレを利用しやすい人やまた、ナプキンや替えの下着などを用意する対策をするのも少し面倒でもあります。
あと、油分や脂肪カットとともにビタミンのカットもしてしまうため、肌が荒れたり、また食欲の低下や歯への影響が出てくるケースもあります。
ビタミンの接種を意識的にしないといけなくなるのです。
そして、あまり起きませんが、重い副作用としては肝機能の低下や腎機能の低下があります。手足のむくみや尿の量の低下、血尿、あと吐き気や痛みが出ることあるそうです。

副作用の出るタイミングは

副作用の出るタイミングもあります。先にあげた便絡みのものは、利用しはじめの頃に特に顕著に出ます。漏らしてしまったというのも1か月以内が多いようです。
重くなってくるのは、服用が長くなってからとなるので、3ヶ月以上服用した頃から注意するといいでしょう。
タイミングと対処を知っておけば、より安心して、ゼニカルも利用できるようになるでしょう。

関連する記事

Copyright(C)2016 ゼニカルって本当に効くの?? All Rights Reserved.